FC2ブログ

見せかけの世話

02-07,2018

早春(4)
世の中には驚くような人がいて、
たとえば、他人に対して、
ありえないような身勝手な要求を、
平気で行う ・ ・ ・ というか、
「身勝手だ」という意識そのものが、
欠けてる人って、いるものでして、
そうですねえ、社会的な観点からは、
「身勝手な行為」とされることでも、
その当人にしてみれば、まさに、
「あたりまえのこと」って認識で、
そういうタイプの人も、世間には、
ある程度の数、いると思う私です。

そして、さらにタチが悪いのは、
他人に身勝手な要求をつきつけて、
それがあたりまえと思ってるくせに、
自分が他人に何かをしてやることは、
もう、絶対イヤだし、仮にですね、
人のために何かをするハメになると、
その何倍もの見返り・・・というか、
「お返しをしろ」という憤懣の人、
そういう人も見かけますね、時々。

まあ、そうしたタイプが親になると、
子どもに「してやる」のがイヤで、
でも、世間体をつくろう必要上、
子どもをよく世話してやってるフリ、
その「フリ」ってところが重要で、
結局、それ、「見せかけ」なんです。

私の感想ですけど、
子どもが嫌いだという親がですね、
「嫌い」ってことを表現していて、
自分は親に嫌われてるってことを、
子どもが認識できる状況であって、
世間の人もまた、あの親ってのは、
子どもが嫌いなんだってわかる、
そういう状態にありますと、
子どもが受ける被害の大きさは、
まだ少なくて済むかと思うんです。

それで、深刻な事態が起こるのは、
子どもが嫌いな親が、本心を隠し、
子どもを大切にしてるフリをして、
また、かいがいしく世話する姿を、
「演出」してる場合だと思います。

まあ、この話、長くなるので、
今日はこのへんで ・ ・ ・


心を偽るのは不幸の一大原因だと。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する