FC2ブログ

受験勉強マシーン

01-22,2018

寒の内(15)
中国、安徽省に、
毛坦廠中学というのがあるそうで、
その学校は、
「“高圧苦読、厳苛管理
(情け容赦ない厳しい管理の下で、
苦しみに耐えて勉学に励む)”」
で知られ、
「アジア最大の大学合格工場」
と呼ばれているそうですけど、
いやあ、
日本よりすごいなあと思いました。

センター試験のムーミン問題を、
数回にわたって書いてきましたが、
受験生が苦しむ状況っていうのを、
私は、いいと思いません。

まあ、こういう社会なんですけど、
あの、世の中、苦しい思いをさせ、
「必死にがんばらせる」仕組みは、
弊害が大きいと思う私です。

そして、自分がですね、
「苦しい思いをさせられた」場合、
人はどうしても、他人に対して、
寛容になれないってのが人情だし、
自分が苦しいと、人は、
他人を責めたくなると思いますし、
ですから、誰かを責めるとか、
攻撃しちゃうようになる原因は、
「自分が苦しめられた体験」にも、
求められるかなあと感じます。

そして思いますが、人は誰もが、
他人の期待を満たすとか、
他人の願いをかなえるために、
この世の中に生きてるのではない、
・ ・ ・ ということ、それが、
社会的に広く認識されることって、
とても重要なことだと思います。

それでですね、親が、
子どもの受験に必死になるあまり、
自分の子を、
「受験勉強マシーン」にするのは、
子どもはもちろん不幸ですけど、
そういう親もまた、とても不幸だと、
私は思います。

人は誰もが、「自分を生きる」、
つまり、
「自分自身の」人生を生きること、
そこに、幸福があると思いまして、
ですから、
「他人の言いなり」になる人生は、
幸福じゃないと思う私です。


厳苛管理される青春は不幸ですね。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する