FC2ブログ

ムーミンが登場

01-14,2018

ムーミン
今日の添付写真は、
花が主じゃないんです。
カップのほうをご覧下さい。
あの、ムーミンが描かれてます。
私が使ってるカップですけど、
親戚の家にあったものだそうで、
何かの事情でうちに来ましたが、
でも、誰も使いませんから、
私が使うようになったんですけど、
それまでの私は、ムーミンなんて、
全く知りませんで、実は今でも、
「ムーミン」という名まえだけ、
知ってるという程度なんです。

ところが、昨日のニュースで、
センター試験の地理の問題に、
ムーミンが出題されましたとか、
さらに、ビッケも主題された、
・ ・ ・ とかいう話題があり、
「何それ?」っていうわけで、
実際の問題用紙を撮影したのを、
インターネットで見てみました。

そうしましたら、問題を解くには、
アニメの主人公のことなど、
知る必要なんか全くありませんし、
フィンランド語やノルウェー語も、
知らなくて解けるように作られた、
易しい問題だって、わかりました。

あの、ノルウェー西海岸について、
地形的特色とバイキングとの関係、
また、ヨーロッパに位置しながら、
フィンランドやハンガリーは、
ヨーロッパ諸国の言語系統とは、
異なった言語の特色を持つことを、
ちょっと認識してれば解答できる、
単純な出題というわけなんですが、
でも、ムーミンとかビッケとか、
私なんかは知らないキャラクター、
しかも、アニメの主人公ですか?
そういうのが「出題された」って、
世間の目には映るんでしょうけど、
出題の本質は、ムーミンやビッケ、
また、フィンランド語の知識とは、
全く無縁、無関係なんですよね。

でも世の中、「見た目」というか、
ムーミンとかビッケ、さらには、
「いくらですか?」を、
フィンランド語で何というかって、
そういうびっくりすることがらが、
入試問題になったという具合に、
表層的に受け取られる面もまた、
あったかなあと思いますね。
まさに、出題の本質的な面でなく、
「見かけ」の面で、
意表をついていたからでしょうか。

まあ、人間社会、
「うわべだけ」見ていたのでは、
とんでもない誤解をすることが、
多々ありますから、注意、注意。

それで、明日は、社会的にですね、
誤解を受けやすいんですけど、
誤解されては困ることについて、
ちょっと書いてみたいと思います。
それは、昨日書いたことの続きで、
今日は突然、ムーミンのこと、
書いちゃいましたからね。


物事の本質を把握するのが大切。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する