FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体接触の可否

12-17,2017

冬(34)
昨日の続きを書きますけど、
結局私は、相手の男子中学生が、
「言葉の上」だけの要求なのに、
言葉で返すんじゃなくって、
身体接触とか表情で示すという行動、
そのことに対して、やっぱりねえ、
どうしても納得いかないというか、
あの、相手の手をぎゅっと握るのは、
「身体接触」なんですからねェ、
その男子生徒にとってみればですよ、
エビを求めたのに鯛が得られたって、
まさに、そういうことだと思います。

あの、エビで鯛を釣る場合はですね、
鯛は釣れても、
餌のエビは鯛に食べられちゃいます。
ところがその男子生徒の場合、
自分は全く何も失うものが無いのに、
苦しめてきた相手の女子生徒から、
「ぎゅっと手を握ってもらう」という、
特段の一大プレゼントが、それも、
「無償で」得られたわけでして、
微笑みまでもらえたとしましたら、
そうなりますと、その男子生徒、
隠れていた情欲にまで、
火をつけられることになりませんか?
・ ・ ・ って、私は思うんですけど。

まあ、結局、最初は、
女子生徒に言葉で「からむ」だけで、
要するに、「近づきたい」という、
精神的な段階に留まっていた男子に、
身体接触の欲情を「引き起こす」、
あのゥ、そういうことになりません?

まあ、世の中、「身体接触」は、
コミュニケーション手段としては、
親密な人の間では普通だと思うし、
知らない人同士でも、別にねえ、
問題になるようなことじゃなく、
でも、相手からからまれて、
その相手を「避けたい」という時、
わざわざ相手と身体接触を図る、
そこのところがどうも、私としては、
不適切だという気がするんですね。

あの、相手と近づきたいとか、
親密になりたい場合は、どうぞどうぞ、
身体接触もして下さいと、私はね、
身体接触肯定派ですし、私自身は、
ダンスで相手と触れあうのもうれしく、
でも、それは、相手に好意がもてるし、
親密さを求める場合であってですね、
「避けたい」相手に対しての場合は、
絶対もう、身体接触は避けますね、
微笑みも同様に、決して微笑みません。

だって、身体接触を行い、微笑むのは、
親密になりたいって意思表示ですから。

また、社会的にもですね、
身体接触や微笑みというものは、
「相手を肯定し、受けいれる」気持を、
表現していると理解されるのでは?

ですから、自分の行動に対して、
相手から手を握られるとか、また、
微笑まれるなんてことがあったら、
世間一般に、自分の態度や行動は、
相手から「喜ばれている」んだと、
そんなふうに受けとめられるのが、
普通かなあと思うんですけど?

なお、今日の写真ですが、
枯れ葉の左方に月が写ってます。


相手に好意が持てる時は触れ合い可。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。